fc2ブログ

トレッキング(後編)

3編に渡る長いお話しになってしまいましたが、もう少しお付き合い下さい。
北八ヶ岳の旅は後編に続きます。

evergreenworks

天狗岳から下山してきた一行は、テントのある基地に到着し、荷物を片付け、再びザックに詰め込みました。ザックを背負った瞬間、重い?かと思いきや、前日に食べた食料や飲み物を消化して、背負ったザックはだいぶ軽くなっていました。

さて、準備も整い次はニュウと言う場所(頂上)を目指します!

八ヶ岳 279

今日もひたすら雪道を歩きます。

egw

しかも雪が深く、歩くたびに足が『ズボズボ』と膝くらいまではまります。以外に体力を奪われます。

egw

3時間ほど雪道を歩き、やっとニュウの頂上が見えてきました。

egw

ニュウの頂上は尖っていて、頂上に立つ事は出来ませんが、ここも気持ちの良い場所です。

にゅう

ニュウの頂上からは素晴らしい景色が待っていました。

egw

高い所から眺める景色は相変わらず爽快な気分にさせてくれます。
今日の最終目的地ニュウにも到着し、旅もいよいよ終盤です。

八ヶ岳 284

下山をするルートには、雪も少なく順調に進めました。
苔が多い場所や湿原あると聞いていたので少し楽しみです。

早速の苔ポイント!
木に沢山の苔が付いています。周辺も苔だらけです。

egw

苔ポイントを抜けて行くと、今度は白駒湿原が現れてました。

egw

湿原を通過するのには、橋を渡って行きます。なんだか楽しい下山です。

egw

今回のトレッキングは1泊2日、山中で1泊しましたが、辛いと言うよりは(マイナス15℃は辛かった)バリエーションが豊富なルートで、終わってみれば楽しいトレッキングとなりました。
八ヶ岳は他にも色々なルートがあるので、また他のルートにもチャレンジしたいと思います。
今回、沢山の荷物を運んでくれたザックに感謝します。
また、今回重い荷物を運び長時間歩いていると、
バッグとは、快適に荷物を運ぶ為の道具なのだなと感じますね。

egw

matsu












スポンサーサイト



皆既日食

46年に一度の皆既日食。
曇り空の中11時12分撮影に成功しました!

IMG_4113_convert_20090722125456.jpg

今日は多摩川のお掃除を予定していましたが、
あいにくの雨模様の為、中止となってしまいました。
その替わりに素敵な自然現象を見る事が出来ました。

matsu

トレッキング(中編)

北八ヶ岳の旅は中編へ続きます。

黒百合ヒュッテに到着した一行は、アイゼンを外し各々がテントを張りました。

アイゼン

八ヶ岳 117

16時で既に外の気温は8℃と寒い状況は続きます。
そして時間が経過する毎にグングンと気温は下がるのでした。

夕食を食べ始める頃には更に気温が下がってきました。

熱燗

寒さに耐えられず、持ってきた日本酒をお燗して皆で飲みました。
寒すぎて宴会にはなりませんでしたが、日本酒は体を温めてくれます。
この日の食事はそれぞれが持参し、体が温まるような食事です。
麺類やインスタントのご飯類。
普段当たり前に食べている暖かい食べ物。
この状況の中で食べられる事が幸せです。

只今の時間は20時2℃。5月では考えられない気温になっていました。

八ヶ岳 153

まだ21時だというのに、皆寒さに絶えられず自分のテントに入り込みました。

翌日の起床時間は6時を予定しているので、十分に睡眠を取れると思いました。

シュラフに潜り込んでからどの位の時間が経過したのでしょうか?
寒すぎて多分1時間毎に目が覚めるような状況が続きました。
気付けば全ての洋服7枚も着て寝ていると言うのに寒さでなかなか寝付けません。
今が何時なのかは解りませんが、夜中なのは間違えありません。
寒すぎて時計を探して見る余裕もありません。トイレだけは我慢できずにしぶしぶ外へでました。
温度計を見る事ができ、今までに経験した事の無い気温!マイナス15℃になっていました。
これは寒いはずです。(画像が無いのは残念ですが)

マイナスな事ばかりではありません。夜空を見上げると満天の星は最高でした!
ただマイナス15℃なのでトイレとはいえ、外へはもう出たくありませんが。。。

朝川氷

寒さと格闘している間に夜は明け、起床時間になりました。ガサガサとテントから出る音は6時前から聞こえて、皆予定よりも早起きしていました。多分寒さに耐えられず眠れなかったのでしょう!

近くの小さな川はご覧の通り凍っていました。

皆に聞きました。
『昨日は寝れましたか?』の質問に対して
『耐えました!』っと言う言葉が皆から帰ってきました。

朝

皆さん本当に良く耐えました。

さて、今日は今回の最大の目的地でもある天狗岳の山頂を目指す事になっています。
トレッキングと言う言葉は皆さんにもお伝えしましたが、これもほんの通過点です。

テントは張ったまま、荷物は黒百合ヒュッテへ一時置いて行きます。

GREGORYザック

八ヶ岳 168

左側の山頂は東天狗、右側は西天狗。今回は東天狗を目指します。

八ヶ岳 197

八ヶ岳 202

東天狗を目指すルートは山を登るというよりは、岩を登るといった感じです。

○

進んで良い岩には○印が。

×

行っては行けない方向には×印が示されてました。この目印を書いた人には本当に感謝です。

八ヶ岳 190

もうすぐ頂上が近づいてきました。

八ヶ岳 223

歩いていたメンバーが先に頂上へ到着しました。

八ヶ岳 210

八ヶ岳 233

やっと自分も山頂へ到着しました。

八ヶ岳 171

八ヶ岳 232

今日は朝から素晴らしい景色を見ることが出来ました。
往復約4時間の朝のトレッキングを終えて、テントのある基地(黒百合ヒュッテ)
へ戻ってきました。下山途中から見るテントはまさに自分達の基地のようです。

八ヶ岳 251

後編に続きます。

matsu


















SHONAN BEACH CLEAN!

今日は湘南のビーチクリーンに参加してきました。

WETでゴミ拾い

参加したビーチクリーンは月に一度行っているのですが、時間がある時には参加するようにしています。今日の湘南の海は波があったので、サーフィンをする人達が沢山いました。

DSC02510.jpg

ゴミ拾いに参加している方々はサーファーの人達が多く、海に入る前なのかウェットスーツを着てビーチクリーンをする人達を沢山見かけました。ゴミ拾いの後のサーフィンは気持ちが良いでしょうね。

海のゴミは打ち寄せる波の際部分に多くあります。今日は干潮時のビーチクリーンだったので、ゴミを沢山集める事が出来ました。これが満潮時だと、今あるゴミ達はまた海に戻ってしまいます。

波打ち際

1時間弱のゴミ拾いで、梅雨空でしたが気持ち良くゴミを拾う事が出来ました。気温が暖かくなると、花火やバーべキュー、焚き火などをする人が増えているのでしょう。そんなゴミが多かったように思います。

拾ったゴミ

ゴミ拾いをしている横で、マラソンをしている人達を沢山見かけました。最近のマラソンブームと11月には湘南国際マラソンが開催されるので、各々の目標に向かって頑張ってるんですね。

マラソン


そして、皆で集めたゴミは凄い事になっていました。たった1時間のゴミ拾いでしたがこの量のゴミが毎月同じ位でています。

ゴミ集合

海底に沈んでいるゴミや海に浮いているゴミ、海岸に捨ててあるゴミ。みんな人間が捨てているのかと思うと考えさせられます。

matsu









| TOP |